www.sorceron.com

-

-

現金化を目的として新幹線の旅券の類を購買する→カード現金化サービスを使用しないで、自分で現金化を目的にカード購入をすることも同様と言えます。キャッシュ化するのを意図しているクレジットの決済というのは規約違反扱いとなるからであります。たくさんの電車等のチケット・切手販売等での決済については、換金する目的ではないか?と警戒される場合も考えられるので気をつけることを要します。それから、使用時点でキャシング利用可能額がいっぱいとなっているユーザーの場合では、乗車チケット等を購買しようとする時にクレジットの会社の係から確認が来ることがあるため経済状態が悪い時の決済については不可能にされてしまうようです。金銭的に困っている時において企てる手段は多くの場合、同じようなものなのでしょう。クレジット会社にとって都合の悪い利用法をすること→昔流行した『永久期間』のような、クレジットカード会社にとって全くプラスになることのない不正な使用をしてしまうと、クレジット発行会社から強制失効となってしまう事実などもある。インターネット上で噂になったクレジットカードポイントの不正入手など知れ渡っていないやり方なんていうが存在してもそのやり方は全部規定に反する行為になるのでどんな理由があっても行なってしまわないようにしないほうがいいです。没収となってしまったデータについては他のカード会社へ流れる・・・クレジットを強制退会させられてしまった場合でもその他のクレカについては使用できるからひとつくらい良いじゃん??と考える方、現在の情報化社会ではその考えは命取りになる可能性もある。なぜならば、そもそも強制退会になるような状況においてはクレカの会社から入手可能な個人信用情報機関というものにあなたの情報が記録されるため信用力というものはなくなることもあるからです。契約しているたった1枚であるとしてもクレジットを強制没収となった場合その他のカードも契約できなくなりますし最悪の場合別の契約しているカードまでも強制没収させられてしまう場合もあり得るでしょう。継続使用できるようでも使用期限満了とともに継続利用できなくなると考えられます。兎にも角にもくどいほど述べていますが強制没収させられる使用方法はどんな理由があってもされないよう、カードを使用して頂きたいと思います。

Copyright © 2000 www.sorceron.com All Rights Reserved.